サラ金業界の晩餐

消費者金融やキャッシングにどういう伝統があるのか、つぶさに解き明かしていきます。
<< 風土 | TOP |

風土/2/

2007.09.01 Saturday | -

「ギリシャには陰がない」
---
和辻哲郎著「風土」の一節だが、
湿気を含まない空気の醸す明るさを
巧みに描写した一節でもある。

地中海観光の一角を占める
イタリアはローマへと足を運ぶと、
すぐに気温と体感温度との差に驚くことになる。

湿度が低いために、日本にいるときには
考えられないような気温に心地よさを覚える。
また、日本では心地良いはずの気温で
肌寒さを覚えることにもなる。

そして山火事で揺れ動くギリシャの降水量は、
そんなローマの約半分ほどである。

放火によると見られるギリシャの山火事は
小康状態への兆しを見せてはいるものの、
まだ完全消火にはほど遠い状況。

雨期である冬の日でさえも
「澄み渡る碧空、輝き透る天日」こそが
ギリシャの仰ぐ空であり続けてきた。

ギリシャの空からいちはやく
「陰」が無くなることを願って止まない。
author : admin | comments (0) | trackbacks (3)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :